機動戦士ガンダム00セカンドシ-ズン #20『アニュー・リターン』

EDのタイミング・・・!!




刹那はディランディ家と上手くいかないですね~。切ない。それとごめんなさい、ライルとアニュー。前言撤回させてください・・・!!00の恋は成就しないですね・・・。

ライルの叫びが悲しかった・・・!一緒になれるかと思ったのにね。分かり合えてたのに・・・。でも、もし刹那がアニューを撃たなくても、イノベイターのほうがアニューをどうにかしてただろうな。だからこれはこれでよかったのかなと思います。

『なんて情けねぇ男だ、ライル・ディランディ!俺の覚悟はこんなもんか・・・!!』
敵とわかっていてもアニューを撃てなかったライル。

『本当愛しているのよ・・・ライル』
これは金目になっていなかったからアニューの本心ですよね。でもイノベイター側に。ハッピーエンドにはならなかった。故郷にも、愛すべき男のもとにも戻れませんでした。

『もしもの時は俺が引く。その時は俺を恨めばいい』
これは刹那の言葉でした。引いちゃいましたね。最後ライルにボコボコにされてましたが、彼の無表情な顔がなんとも言えず。。。

人生を変えられた者、肉親を失った者、連鎖する憎しみは、命を奪う事でしかあがなえないのか。
次回『革新の扉』
刹那、その向こう側へ―――




またどんどん人が死んでいきそうです・・・。

次回予告に、留美、紅龍、クラウス、シーリンが出てましたね。
この4人は・・・?

~携帯待受~
アニュー・リターナー。

『最近のキミは、どこかおかしいよ。今までとなにかが・・・』
ルイスに対しての言葉っぽい。
[PR]
←menuへ