もしドラ

f0175043_1842067.jpg

もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を呼んだら
著:岩崎 夏海


読みました! ホントに経営学の“入門編”ってかんじでしたね。わかりやすくて良かったです^^
物語の合間合間に『マネジメント』の文章を引用していたのですが、小説の文章と引用の文章との間のギャップに戸惑いました(^^;) 簡単な文章→ドラッカー氏の文章と読むと 、ん?…となりました。

以下、物語の内容もふくめて。ネタバレもあるので隠しました。↓




夕紀ちゃんが死ぬシーンは要らなかったと思います。ベタ話すぎる…!でも泣けましたwwww
前半はすごく良かったのに、そのくだりがあってからは正直“先を読みたい!”というキモチが薄くなりましたね~。そのあとのエピローグでまとめきったぜ感が前面に出ているところもまた...う~ん。
最初は物語の内容も楽しんでたのでちょっと残念なところがありました。

けれど最初にも書きましたが分かりやすさに関してはピカイチ(←古?)でした。それと“野球部にとっての顧客とは?”などの問題の答えを予想しながら読み進めていけたことも良かったと思います。楽しかったです^^
もともと『マネジメント』に興味のあった人は『もしドラ』でより楽しく読めるかもしれませんね~。
[PR]
←menuへ