機動戦士ガンダム00セカンドシ-ズン #6『傷痕』

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話。

ネタバリありですよ。感想です。

スメラギとマネキンは同じ過去を持っていました。

沙慈はついにルイスと・・・


そしてコーラサワーがでてきません。なにやってるんだあのやられキャラは(笑)。





カタロンの人たちに、マイスターたちが情報も漏らしたのではと疑われました。
まぁ当然の反応ですね。

フェルトは大人になったなぁ・・・。

『かの為に生まれ、かの為に死す。それを運命と言うなら、抗うこと叶わず
見えない道を旅し、行き着く先にあるものは、命の終焉。それこそが、神の導き――』

スメラギの過去がだんだん分かってきたかな?どうやらスメラギはAEUに所属していた様子。だからマネキンには心当たりがあったのかな。
少し後の回想でありましたが、スメラギとマネキンは同じ戦術予報士らしい。


『彼らの命を奪ったのは君だ!君の愚かな振る舞いだ!』
カタロンの基地に戻った沙慈はティエリアに見つかり、いろいろ問われます。
ティエリアがまともな説教してる・・・。揺れる沙慈の心。

『私は死んでも良かったアザディスタンのためなら、私は――!』
マリナの一言。やっぱマリナとシーリンは一緒にいないとだめですね。

ライルがスパイ発言しました。認めたかっ!!

『あなたでは文武不相応なのよ紅龍。いえ、・・・お兄様』
お兄様?紅龍て兄なのね・・・!
そしてネーナには脳量子波が・・・?

『私は兵器です。人を殺すための道具です。幸せをっ、手に入れようなど・・・っ!』
ソーマが可哀想すぎる。セルゲイの優しさに触れて涙をながしました。

あの髪型がアレな人(名前忘れた)はグーでするかと思ったらまさかの平手うち。
まぁあの人らしいけど…。

『あなたは心で泣いている。誰かをずっと想っている・・・。』
ソーマとルイスが会いました。

『乙女だ・・・!』
アンドレイが好きになった瞬間。親子だね。セルゲイと同じこと言ってるよ!

『肩の動力のある二個付きのガンダムは私が相見える。干渉、手助け、一切無用!』
アロウズの中ではもうブシドーで定着している様子w
誰も気付かないのか!?ユニオン軍ちょっとはいるはずなのに・・・!
無視かっ!あえてあの人はブシドーだからって気付かないフリしてるのか!w

ブシドーと刹那が対峙。あの方はやっぱり刹那大好きwロックオンの撃ち方に驚いたw

沙慈が行動を起こしました。最初の敵は――ルイス。
あぁもうこうなってしまうとは・・・!沙慈は自分の言った事がどうしても頭に浮かんでくる・・・。
撃ってしまったらもうCBと同じことしちゃうんだもんなぁ。
『来ないでくれ!』
沙慈の言葉か、ルイスか・・・、
次回どうなるかが気になります。



アレルヤとピーリスによって露呈する過去。
それは、マリーとの再会。それは、ピーリスとの別れ。

次回『再会と離別と』

わたしはあなたの娘になりたかった・・・



~携帯待受~

ミスターブシドーw人でも機体でも登場しやがたw

『ソーマ・ピーリス中尉は、名誉の戦死を遂げた』


戦死だと?戦死ですか?だから次回予告は過去形なのか・・・?
ソーマがいなくなったらアレルヤが泣いちゃうよ!!!
[PR]
←menuへ